社長メッセージTop Message
Tatsuya Shindo
 ナレッジネットワーキング
 私たちアクセラテクノロジは、先進の情報検索技術を駆使し、顧客視点の業務革新に貢献することを使命と考えています。特に、ディジタル化された大量情報から有用な知識(ナレッジ)を抽出し、企業内や企業間、さらにはお客様をも含めたネットワークの中で活用する技術を開発し、その成果を業務用アプリケーションとして提供します。

 ミッションクリティカルな情報検索
 アクセラテクノロジは情報活用検索の領域において高性能かつ高信頼性を追求し、企業の基幹となる業務を支えます。かつて情報系vs勘定系という言い方で企業情報システムを分類していた頃、ミッションクリティカルなシステムと言えば勘定系を指したものです。しかし、今、情報系のシステムにもミッションクリティカルな特性が求められる時代が来ました。
  Eコマースにおける電子カタログ検索、サポートデスクのFAQ検索、全社レベルの知識共有などの分野では、24時間365日の安定稼働と利用者の思考を妨げない高速なレスポンスが求められます。システムが止まってしまえば業務そのものを止めてしまう可能性があり、またレスポンスが悪ければ誰にも使われなくなり、また、お客様が離れてしまう原因ともなります。顧客視点を持って価値ある製品・サービスを継続的に提供できることが企業の重要課題となっている今、お客様との接点を支える情報系システムは「ビジネスの基幹」となるのです。
  私たちは、このようなミッションクリティカルな業務領域に対する数多くの実績を基に、安心のソリューションを提供します。

 クイックレスポンス
 ナレッジネットワーキングを推進し、お客様のミッションクリティカルな業務を支える姿勢を「クイックレスポンス」という言葉に凝縮し、全社を挙げて取組んでいます。
  1. 市場ニーズにクイックレスポンス
    市場の潜在的ニーズにいち早く応え、先進的なソリューションを提供します
  2. お客様対応をクイックレスポンス
    営業と技術が一丸となって迅速なお客様対応をいたします
  3. システムの使い勝手がクイックレスポンス
    利用者の思考や業務を中断させない高性能な製品を開発します
 これらは、国産の高品質なソフトウェアを核とし、その開発に携わるエンジニア自身がいつでもお客様を支援できる体制があってこそ成し得る事です。この点こそがアクセラテクノロジの技術企業としての強みだと考えており、一層の強化をしていきます。

社長が語るアクセラ生活あれこれ
アクセラ生活のページへ  検索しったかぶりのページへ 

関連インタビュー掲載記事
2012年10月9日 フジサンケイ ビジネスアイ【Next Stage】 【Next Stage】アクセラテクノロジ・進藤達也社長
2012年1月27日 NTTコミュニケーションズ
BizCITY パートナーアプリケーション
ソーシャルナレッジベース
Accela BizAntenna
2009年11月5日 教育テレビ
「ITホワイトボックス」
「WEB検索はなぜ速いのか?」
2008年1月22日 EnterpriseWatch
「小川浩のネットショッキング」
富士通からスピンオフしたエンタープライズサーチ国内トップ企業
2007年7月4日 ZDNet JAPAN

MIJS企業訪問(第1回)アクセラテクノロジ--最新の技術を熱く語りお客様価値を創造する場として期待
2007年3月1日 ITmedia 
エンタープライズ
【オンラインムックPlus】
エンタープライズで創造する企業の活力とは?
2007年2月19日 ITmedia 
TechTarget ジャパン
「エキスパートに聞け!」国内1000サーバ超の実績から学ぶ失敗しないエンタープライズサーチ導入
2006年11月10日

ITPro  Enterprise Plat form

「デジタル開拓者たち」
組織は消えたが技術は残った
2006年4月14日 ZDNet JAPAN 国産エンジンと実績が強みの
アクセラテクノロジ
2004年12月27日 (独)情報通信研究機構 ベンチャー企業トップインタビュー
2004年11月8日 日経ビジネス トップが語る 新・経営戦略
2004年3月23日 日本情報産業新聞 BizTech Special コラム
【村井勝のビジネス対談
スピンオフで飛躍する気鋭企業】
[第4回]スピンオフで大企業に眠っている技術を飛躍させよ
ページのTOPへ

企業情報
BizSearch試用版無料貸し出し実施中!
メールマガジンご登録