プレスリリース2004Press Release
[ PRESS RELEASE ] 2005年1月20日
アクセラテクノロジ株式会社
エキサイトが自動翻訳サービス「エキサイト翻訳」の英日/日英翻訳に
「Accela BizLingo」を採用

− 約10%の翻訳精度の向上と翻訳サービスの機能拡張が可能に −
 アクセラテクノロジ株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:進藤 達也)は、エキサイト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山村 幸広)が運営するインターネット情報サイト「エキサイト」(http://www.excite.co.jp/)内の自動翻訳サービス「エキサイト翻訳」(http://www.excite.co.jp/world/)の英日/日英翻訳に、英日/日英翻訳サーバの「Accela BizLingo (アクセラ ビズリンゴ)」が採用され、このほど本格稼動したことを発表いたします。
 これにより、「エキサイト翻訳」で提供される、翻訳精度が約10%向上します。また、アクセラテクノロジがタイムリーに提供する、時事用語を中心とした新出単語の登録や翻訳精度を高めるための文法ロジックなどにより、快適な翻訳環境を実現します。

 「エキサイト翻訳」は2000年4月に、日本初となる無料の自動翻訳サービスとして開設されました。現在ではテキスト翻訳の他に、Webページを英日/日英に自動翻訳して表示する「ウェブページ翻訳」、日本語で入力したキーワードを英訳し、英語でサイト検索を行い、日本語で表示する「翻訳検索」、個人のホームページを英訳する「あなたのホームページを英語に」など、様々な翻訳ニーズに対応したサービスの提供を行っています。エキサイト翻訳では、英語だけでなく、中国語、韓国語の翻訳サービスも無料で提供しています。自動翻訳の分野では高い実績のある「エキサイト」の各サービスの中核を担う英日/日英の翻訳エンジンにAccela BizLingoが採用された最大の理由は、投資対効果の高さ、翻訳精度の向上および拡張性です。

 Accela BizLingoは2005年4月に、現在、英日81万語、日英79万語の計160万語の基本辞書を、英日91万語、日英89万語の計180万語に拡大する予定です。エキサイトではこの基本辞書の利用に加え、有償のサービス拡張として、医療や情報処理など25分野438万語にも及ぶ専門用語辞書の使い分けによる、業務向けの翻訳ニーズにも応えていく計画です。

 Accela BizLingoは、2002年より販売を開始した業界初のWebベースの英日/日英翻訳サーバです。国内最大級の単語数をもち、並列処理での高速翻訳の実現や、過去の翻訳資産を蓄積する翻訳メモリ機能、25分野のAccela BizLingo 専門用語辞書と企業内で独自に作成した辞書をサーバ上で共有できること、などが特長です。国内ではすでに、40社以上の導入実績があり、主に企業内の全社員が利用するイントラネット翻訳システムとして活用されています。

Accela BizLingo採用後のエキサイト翻訳における改善点は以下の通りです

  • 翻訳精度
    メールで使われる文章を中心に、約10%の翻訳精度が向上しました。
  • 国内最大級の単語数
    Accela BizLingoの基本辞書の単語数は、国内最大級の英日81万語、日英79万語です。
  • 頻繁なアップデート
    刻々と変化する世界情勢や、それを伝えるニュース等の翻訳に対応するため、時事英語を中心とした基本辞書のアップデートを4ヶ月毎に行います。また、併せて文法のアップデートを行い翻訳精度を向上させます。
  • 今後のサービス拡張について
    2005年4月には、エキサイト翻訳の英日/日英における現在の基本辞書単語数を英日91万語、日英89万語、合計180万語に拡大します。また、各業界のビジネス対応に特化した、25分野、438万語の専門用語辞書を有償で提供開始し、業務向けにも自動翻訳の活用が可能になります。

【Accela BizLingo 以下のようなシーンで活用されています】

加速する海外ビジネスと英語に苦闘する社員:
近年、海外での生産、取引の拡大、また外資の流入により、部門に関わらず、ビジネスにおける英語のコミュニケーション能力が求められています。「Accela BizLingo」を使用することで、英語の苦手な社員でも素早く高品質な翻訳結果を得ることができます。

増える一方の翻訳作業:
海外に輸出する製品の英文マニュアル、海外取引先との書類、情報収集のために集めた資料、翻訳を必要とする文書は溜まる一方です。 「Accela BizLingo」は、高度な翻訳で、翻訳作業を必要とする業務の効率化および業務そのものの質を向上させ、一方で翻訳コスト削減を実現させます。某外資系企業では社内の用語集をサーバの辞書に登録することで、翻訳者の初稿に近い翻訳結果を得ることができ、翻訳部門の人員を2割削減しました。



アクセラテクノロジ株式会社について
会社名 アクセラテクノロジ株式会社
(英語名: Accela Technology Corporation)
所在地 〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー13F
設 立 2001年7月3日
代表取締役社長 進藤 達也(しんどう たつや)
Webサイト http://www.accelatech.com/

《 事 業 概 要 》
 アクセラテクノロジ株式会社は、2001年7月に富士通株式会社のスーパーコンピュータグループのメンバーが母体となって設立されました。世界トップレベルの高性能検索ソフトウェア「Accela BizSearch® (アクセラ ビズサーチ)」、ビジネス用途向け高性能英日/日英翻訳ソフトウェア「Accela BizLingo® (アクセラビズリンゴ)」等のコアテクノロジプロダクツ、それら製品の連携による各種業務ソリューションの開発・販売、ならびにコンサルティングサービスにより、顧客企業の基幹業務を支えるナレッジネットワーキングソリューションを提供しています。


Accela TechnologyおよびBizSearch、BizLingoはアクセラテクノロジ株式会社の登録商標であり、その他の社名、製品名は各社の登録商標または商標です。


以 上

<報道関係からの本件に関するお問い合わせ先>

アクセラテクノロジ株式会社 マーケティング推進室 上藪
TEL:03-5793-5411/FAX:03-5793-5412/E-mailアドレス:info@accelatech.com

株式会社エル・ビー・エス アクセラテクノロジ広報担当 唐木
TEL:03-5563-4291/E-mailアドレス:nkaraki@lbs.co.jp

ページのTOPへ

企業情報
BizSearch試用版無料貸し出し実施中!
メールマガジンご登録