Accela 達人シリーズ 業務マニュアルの達人

業務マニュアルの共有・活用で、作業の生産性を向上

関連するコンテンツが何十冊も何百冊も存在し、かつ一冊が何百ページもあるような業務マニュアル群に対して目的とする一冊にしぼり込み、さらにその一冊の中において、目的の情報が書かれているページへナビゲーションします。
またマニュアルがどのように検索され、どのページが参照されたか統計情報をマニュアル作成者へフィードバックする機能で、マニュアルの継続的な改善を支援します。

社内に散在する業務マニュアルをタグで分類することで、わりやすく情報を整理します。
どこに何があるか知らないと情報を探せないフォルダ管理と異なり、タグをもとに生成される「ドリルダウンナビ」により、項目を2~3回クリックしていくだけで、誰でも簡単に目的のマニュアルを探し出せます。
また、SNSで馴染みのハッシュタグをマニュアルの各ページに埋め込むことで、特定されたマニュアルの中から、さらに必要なページへ簡単に絞り込めます。

大量に存在する業務マニュアルのうち、どのマニュアルがよく使われ、さらにその中のどのページがよく読まれているか、マニュアル作成者はなかなか知る機会がありません。そのため現場が知りたい情報と運営側が提供する情報にアンマッチが起きていても気づくことができません。
「業務マニュアルの達人」の利用分析機能では、利用者がどのようなキーワードで情報を探しているのか、その結果としてどのページが頻繁に見られているのかを把握することができます。
検索されているのに結果が0件となるキーワードがあれば、関連するコンテンツを追加する等、分析結果をもとに利用者とマニュアル作成者のニーズのアンマッチを解消し、マニュアルを継続的に改善していけます。

現場がメリットを感じて使い続けるシステムを構築するために、利用者を巻き込んだお試し評価をワーク ショップ方式で提供します。実データを使用し、業務に合わせて「ちゃんと」使えるか、確認してから 採用を決定できます。
ワークショップでは情報提供の流れ(ナレッジの動脈)の構築に加え、現場から のフィードバックの流れ(ナレッジの静脈)を活用した継続的な改善や利用における成果指標も一緒に 検討し、取組みいただきます。

運用イメージ

運用イメージ

ページトップへ戻る