Accela 達人シリーズ 設計の達人

設計業務向け ナレッジマネジメント
設計情報の共有・活用で、不具合防止や技術伝承を促進

不具合防止や技術伝承に必要な設計情報を共有・活用し、設計品質を向上するナレッジベースです。
設計資料やデザインレビューのエビデンスとなる重要資料の投稿が可能です。また、設計部門から一方的に投稿するだけではなく、他部門からの気付きやノウハウをコメントで共有することができます。

設計担当はデザインレビュー用のコンテンツを投稿する際、必要なOffice文書やPDFファイルなど各種コンテンツを組み合わせて投稿、共有可能です。また、それ以外のエビデンス資料などは事前にお気に入り登録しておけば、その場ですぐに確認できるので、レビューの品質が高まります。

設計部門が作成した設計書や過去のデザインレビュー結果報告書等をタグで分類することで、わりやすく情報を整理します。
どこに何があるか知らないと情報を探せないフォルダ管理と異なり、タグをもとに生成される「ドリルダウンナビ」により、項目を2~3回クリックしていくだけで誰でも簡単に目的の情報を探し出せます。
検索キーワードが分からない新人設計担当者でも必要な情報を容易に見つけられ、設計業務の効率化につながります。

現場がメリットを感じて使い続けるシステムを構築するために、利用者を巻き込んだお試し評価をワーク ショップ方式で提供します。実データを使用し、業務に合わせて「ちゃんと」使えるか、確認してから 採用を決定できます。
ワークショップでは情報提供の流れ(ナレッジの動脈)の構築に加え、現場から のフィードバックの流れ(ナレッジの静脈)を活用した継続的な改善や利用における成果指標も一緒に 検討し、取組みいただきます。

運用イメージ

運用イメージ

ページトップへ戻る