サイト内検索 BizSearch ASP

最近、Webサイトをお客様との接点となる大切な窓口ととらえ、Webマーケティングに力を入れる企業が増えています。しかし、提供しようとする情報が増えすぎた結果、「お客様に伝えたい情報」と「お客様が探している情報」がうまくマッチしていないWebサイトも多いようです。こうした問題の解決にサイト内検索ツールは欠かせませんが、そこにはさらに高い検索精度や目的ページの探しやすさが求められています。「Accela BizSearch ASP サイト内検索」はその精度の高さを評価され、製造業、製薬業、サービス業、金融系企業等の日本を代表する数多くの優良企業のWebサイトでご利用いただいております。

 

理由1:目的ページの探しやすさ
「Accela BizSearch ASP サイト内検索」は、単語を文字単位で認識するN-gram(エヌグラム)と、単語単位で認識する形態素のハイブリッドな検索方式を採用しているため、日本語の検索において抜群の効果を発揮します。各社特有の商品名など、はじめて文中に出てくる新しい言葉も漏れなく探し出すことが可能です。検索対象も幅広く、HTML、PDF、PowerPoi nt、Word、Excel などのファイルをくまなく検索することができます。また、検索に必要なキーワードの入力無しに属性をクリックするだけで検索したり絞り込みを行える「ドリルダウンナビ」を搭載しています。
さらに、検索結果にリンク先ページのスクリーンショットや、そのページに含まれる画像を表示することができます。直感に訴えかけるので、目的のページが一目でわかります。

理由2:お客様ニーズとコンテンツのマッチング
大半のユーザは検索結果の4ページ目以降は閲覧しないと言われています。また、検索結果ページで順位が3位以下のものは、クリック率が5%に満たないとも言われています。「Accela BizSearch ASP サイト内検索」では、検索結果の表示順(ランキング)を「これを売りたい」というサイト運営者の意図に合わせてカスタマイズ可能にすることで、商品の販売機会を増やしたり、コンバージョン率の向上に貢献します。
また、お客様が入力した検索キーワードをさまざまな視点から解析できます。この解析結果から、お客様がWebサイトに「何を求めているのか」、「どのような情報を知りたいのか」といったお客様ニーズを把握でき、Webサイトの改善やサービス強化に役立てることができます。
更に、解析結果をもとに検索キーワードに連動したおすすめリンクを表示する「PRリンク」を設定すれば、サイトを訪れたお客様を的確におすすめ情報に導くことが可能です。「お客様に伝えたい情報」と「お客様が探している情報」のマッチングを実現します。

理由3:安心の実績と信頼性
アクセラテクノロジでは、企業向け検索エンジン「Accela BizSearch」を設立以来多くの企業にご採用いただいており、Webサイト向けでは日経BP様の「BizBoard」、アイスタイル様の「@cosme」、大塚商会様の「たのめーる」など大型サイトの検索機能を支えています。本サービスにおいてはこの実績ある「Accela BizSearch」の検索機能をASPで提供し、日本国内にいる技術者が直接技術サポートを行い、また、セキュリティ万全のデータセンターで管理・運用を行っています。その信頼性の高さが多くの一流企業様でのご採用につながっています。


ドリルダウンナビは、掘り下げていく(ドリルダウン)かたちで検索対象を絞り込み、目的とするコンテンツにお客様をナビゲートする仕組を提供します。特に取り扱い商材の種類が多いWebサイトやコンテンツプロバイダにおいて効果を発揮します。

例えば、「ワイン」とキーワード検索をしたら、何百もの種類のワインが見つかってしまった場合に、「赤」→「フランス産」→「1万円台」→「1990年代」と属性をクリックするだけで好みのワインに簡単にド リルダウンできます。 また、企業情報や、スペックで示しにくいファッション系の商品のナビゲーションでも、URLの階層やメタタグに含まれるキーワード、本文中のテキストや日付などを属性として用いることでドリルダウンできます。 さらに、ドリルダウンした結果が存在するものだけがクリックできるので、「検索結果0件」によってお客様を失望させることがありません。

ドリルダウンナビ

■ ブースティング
検索結果数を変えることなく、検索キーワードに連動して検索結果の順位を変化させることができる機能です。特定のコンテンツの検索結果順位を、サイト運営者が意図した度合いで上げたり下げたりコントロールすることが可能です。例として、「社長」というキーワードに対して、社長からのメッセージや社長プロフィールのページを上位に表示させたり、旧製品や古い記事などのページが上位に表示されないように設定する、といった使い方が可能です。

■ 単語マッチング
N-gram方式に加え、形態素解析で名詞を抽出し、検索キーワードとのマッチングを 検索結果のランキングに影響させることができます。 例えば、「横浜」というキーワードでは「横浜」も「新横浜」も検索にヒットしますが、 単語として完全にマッチする横浜を含むページを上位に表示します。 N-gramの検索漏れがないという利点を活かしつつ、更に形態素解析を用いてよりイメージに あうものを検索結果の上位に表示させることができます。

■ ランキングミキサー
検索対象ページのタイトル、本文、更新日時や価格などの部分ごとにランキングへの影響度をパラメータで指定することにより、「コンテンツの新しさも、キーワードとのマッチ度も同じくらい重視したい」といった複数の要因をミックスした、独自のランキングアルゴリズムを設定可能です。設定画面では、スライダーを動かすという直感的な操作で設定でき、検索結果の順位がリアルタイムに変化します。また、コンテンツは存在してもあまり目立たせたくない場合に、表示順位を下げる用途にも使用出来ます。

■ PRリンク
入力された検索キーワードに連動したおすすめリンクを検索結果と同時に表示する機能です。「PRリンク」を設定することでサイトを訪れたお客様を的確におすすめ情報に導くことができます。

■ 画像表示
検索結果にページスクリーンショットや画像を表示することで直感的に商品を見つ けられるようにします。EC向けの「マルチカラム」表示も選択可能です。

■ サジェスト機能
キーワード入力中にサイト内にある単語の候補を挙げることで、
お客様に気づきを与えます。曖昧な記憶で検索を行おうとして
いる際に有効です。
※日本語、英語のみ対応

解析結果画面
解析機能では、指定した期間について、検索回数の推移グラフ、検索キーワードの統計、コンテンツ別のアクセス解析を閲覧することができます。また、検索キーワードに対する、検索回数、ヒット件数、クリック数も閲覧できます。

■ 0件ヒットキーワード検出
Webサイトの改善で重要なのは、検索キーワードとしての頻度が高いにも関わらず、サイト内の検索にヒットしない状況を掴むことです。商品そのものが無いのであれば、今後の品揃え拡充のヒントになりますし、もしあるのに表記の違いで検索にヒットしないのであれば、お客様の使われるキーワードとコンテンツの中で使われる用語をマッチさせるために「同義語辞書」が有用
です。あるいはPRリンクを使って誘導することでコンバージョンを改善することが可能となります。



商品体系

■Accela BizSearch ASP サイト内検索

シルバー
スクリーンショット表示による直感的サーチやランキングチューニングを備えた基本セット
ゴールド
シルバーの機能に加え、属性抽出やドリルダウンナビを搭載したフルセット
プラチナ
ゴールドを貴社専用サーバで運用する、検索トラフィックの高いサイト向け

対応環境
対応ブラウザ
Internet Explorer、Firefox、Google Chrome、各種スマートフォン・タブレットのブラウザ
お問合せ
サイト内検索 導入事例資料




ページのTOPへ


製品情報
BizSearch試用版無料貸し出し実施中!
メールマガジンご登録