2019年10月10日(木)東京開催 / 2019年12月12日(木)東京開催

2019年10月10日(木)東京開催
2019年12月12日(木)東京開催

ペーパーレス『現場帳票』i-Reporter × ナレッジベースAccela
「脱・紙」で実現するフィールド業務の生産性向上 

[アクセラテクノロジ株式会社・株式会社シムトップス共催セミナー]

“働き方改革”の推進により、労働時間の見直しや業務の効率化が求められる中、建設・工場・保守メンテナンスの現場では、記録・報告など情報の作成に手間がかかる、作業時に必要な情報を的確に見つけ出せない、集計・転記のミスによる手直しに時間を取られる、といった生産性改善に直結する課題をお持ちの企業も多いのではないでしょうか。
これらの課題を解決し、“働き方改革”を飛躍的に推進するために最も有効な手段はタブレットによる情報の電子化と、更にそれを集約し「ナレッジ」として活用することであると私たちは考えます。

【「タブレット×ナレッジ活用」がもたらす3つの効果】
 ・ペーパーレス化:入力工数削減によるコストダウン
 ・業務の効率化: お客様対応など作業のスピードをアップ
 ・業務高品質化: ナレッジ活用で作業の質を底上げ、現場の見える化で業務を継続改善

本セミナーでは、電子帳票ソリューション『ConMas i-Reporter』とナレッジベース『Accela』の連携で実現するフィールド業務の生産性向上について、実際のお客様のお取組み事例をベースにご紹介します。

『ConMas i-Reporter』と『Accela』の連携は、iOSネイティブなスマートデバイスアプリと、作成された報告書や各種業務コンテンツを格納するクラウド上のナレッジベースから構成されます。

今まで無くすことができなかった紙の手書き業務を電子化し、紙のワークフローで必要だった複写やスキャン、保管、廃棄、システムへの後からの手入力といった古いプロセスを一新します。
さらに、手書きと異なり、蓄積されるコンテンツの品質の個人差を小さく抑えることができます。その結果、現場の見える化や過去ノウハウの活用に有用なナレッジベースの構築が実現できます。

【想定活用シーン】
フィールドサポート: 保守・メンテナンス作業の記録、報告、ナレッジ活用
生産工場: 品質検査、製造実績、安全チェックの記録、報告、ナレッジ活用
販売促進: 店舗巡回チェックリスト、商品展示状況の記録、報告、ナレッジ活用
医療機器営業・MR: 病院など電波の利用が制限される現場での記録、報告、ナレッジ活用
工事現場: 機器工事据付調整の記録、報告、ナレッジ活用
在庫倉庫: 棚卸作業の記録、報告、ナレッジ活用

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

ナレッジマネジメントについてのご相談、製品・サービスへのご質問、見積りやお試し利用のご依頼など、お気軽にお問合せください。

ページトップへ戻る