ナレッジマネジメント決定版!

製造やカスタマーサポート現場の
圧倒的な生産性向上を実現!

マニュアル、FAQ、手順書、通達、過去トラブル集、カイゼン報告書など、業務に必要なナレッジを「集めて→つないで→活用」させるナレッジベース。「業務フローとナレッジ活用の一体化」をコンセプトに「業務そのものをナレッジ活用で強化し遂行する作業環境(Knowledge Powered Workplace)」をITプラットフォームとして、導入コンサルテーションとともに提供します。

ちゃんと見つかる

ナレッジの活用にあたり、何より大切なのは業務で必要な情報が「ちゃんと見つかる」ことです。フォルダ階層での情報管理では、どの情報がどのフォルダにあるか、階層を把握していないと必要な情報を見つけることができません。そこでアクセラテクノロジが提唱するのが「タグ」による分類整理です。ナレッジ一つ一つに、商品名、型番、トラブル事象等、様々な分類でタグ付けすることで、気になるタグを絞り込んでいくだけで、誰でも簡単に必要な情報にたどり着けます。

ナレッジの動脈・静脈

ナレッジが現場の隅々まで循環していく仕掛けを、体内を巡る血液を循環させる血管に例えて「ナレッジの動脈と静脈」と私たちは呼んでいます。
推進部門がFAQやマニュアル等を提供し、運用を徹底する(ナレッジの動脈)と、現場の気づきやノウハウ、報告を吸い上げる(ナレッジの静脈)を循環させることで、ナレッジの活用と改善が進みます。

業務への組み込み

ただナレッジを蓄積するだけではナレッジマネジメントは進みません。「業務の中にどのようにナレッジ活用を組み込み、どのように業務改善につなげるか」を事前に設計した上で運用をスタートすることが重要です。アクセラテクノロジでは、これまでに業務改善に成功されたお客様のベストプラクティスをもとに、ナレッジベースとあわせて導入コンサルテーションを提供します。

ナレッジ活用を促進する豊富な機能

フォーマット

FAQ、報告書など、用途や内容に合わせて入力項目を定義可能

閲覧・編集権限

登録するナレッジごとに、閲覧・編集権限を設定可能

ページ単位分割

PDFやWordをページ単位に分割、しおりやキーワードによりページを絞って検索

動画コンテンツ

文章で説明しづらい内容は動画で共有。動画はダウンロードせずに専用ビューアで再生可能

ドリルダウンナビ

ナレッジに付与したタグをもとに絞込みメニューを生成、誰でも簡単に必要な情報に到達

全文検索

添付ファイルの中身まで対象とし、全文検索可能

タグサジェスト

名称の一部入力で、検索候補となるタグをサジェスト表示。型番など、間違いやすい文字列も正しく検索可能

コメント機能

ナレッジにコメントを追加可能。質問や気づきを投稿することでナレッジの改善に有効

ビジュアライザ

現在蓄積されているナレッジをグラフ化。ナレッジの追加・改善に有効

統計ログ分析

どのナレッジがよく見られているか、どんなキーワードで検索されているかといった統計ログを抽出

アクティブフォーム

図形をドラッグ&ドロップして組み合わせる簡単操作でフォーマットのレイアウトを自由自在に設定。紙の帳票類をナレッジベース上に再現可能

マルチリンガル

ナレッジやコメント、タグの自動翻訳により、海外拠点とのナレッジ共有・活用を実現

ファイル翻訳

添付ファイルのレイアウトを維持したまま自動翻訳が可能。海外拠点へのマニュアル等の情報展開が容易に

翻訳用語集

専門用語や社内用語を翻訳結果に自動反映でき、翻訳精度の向上を実現

多要素認証

スマートフォンアプリ等を用いた二要素認証でセキュリティ強化  

未指定


活用シーン

コールセンター

「超FAQ」による
問題解決力強化

  • FAQに加え、マニュアル、手順書、スクリプトなどあらゆるナレッジを統合的に活用する「超FAQ」でエージェントの対応品質を底上げ
  • 現場の気づきや各自のノウハウをコメントとして共有、FAQやマニュアルの改善に反映

お客様相談室

360度回転画像で
在宅でのお客様対応を実現

  • 商品が手元になくても、商品画像を、裏や表、側面など全面回転させて確認できる「360度回転画像」で、手元にあるのと同等のお客様対応を実現
  • お客様相談室やコールセンター業務の在宅勤務化を促進

社内ヘルプデスク

FAQ公開で
自己解決を促進

  • エージェントは社員からの電話問合せにFAQやマニュアルを参照し回答
  • エージェント向けナレッジの一部を社員向けFAQとして公開することで自己解決を促進
  • FAQの参照ログや、検索キーワードを分析し、不足している情報を追加

生産部門

海外を含む拠点間で
改善ノウハウ共有

  • 本社から、海外を含めた各拠点にマニュアルや通達を一斉展開
  • 自動翻訳機能で各拠点の優れた取組みをタイムリーに共有
  • コメントも自動翻訳されるため、日本本社を介さずに、拠点間で質問対応が可能

メンテナンス部門

フィールドサポートの
解決力強化

  • 移動中や現場でマニュアルや類似案件の対応報告、手順動画を参照
  • 対応後にフォーマットから報告書を投稿
  • 投稿された報告書から、作業工数の集計や不具合情報の分析を実施

設計・開発部門

熟練者の技術や
知識を伝承

  • 新人担当者は熟練者の設計書や手順書を業務に活用
  • 他メンバーの投稿に対し、自身の知見やノウハウをコメントとして共有
  • 熟練者のノウハウを反映し、マニュアルや手順書を改善

BizAntenna 資料ダウンロード

マニュアル、FAQ、手順書、通達、過去トラブル集、カイゼン報告書など、業務に必要なナレッジを「集めて→つないで→活用」させるナレッジベース。「業務フローとナレッジ活用の一体化」をコンセプトに「業務そのものをナレッジ活用で強化して遂行する作業環境」を提供します。

セミナー

PICKUP

お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

ナレッジマネジメントについてのご相談、製品・サービスへのご質問、見積りやお試し利用のご依頼など、お気軽にお問合せください。

ページトップへ戻る